ジギング

【仕掛け・タックル】スロージギング・ロッド選び

スロージギング ロッド選びのポイント ジギングは、ハイピッチジギング、スロージギング、ライトジギング、スーパーライトジギングなど様々なジギングがあります。それぞれポイント(海域)、ターゲット、狙う層(水深)、ベイトに合わせたタックルが必要になります。 スロージギングは、水深50~150mの海域で底物をターゲットに、地形の荒いポイントでジャーク後のフォールで喰わす釣りをします。 スロージギングに適したロッド選定は①ターゲット、魚種に合ったロッドを選択。②ジグウエイトに合ったロッドを選択③適合PEラインに合っ ...

【仕掛け・タックル】スロージギング・おすすめタックル

  スロージギングについて ジギングにはスロージギング、ハイピッチジギング、ライトジギング、スーパーライトジギングなどがあります。 それぞれポイント、ベイト、ターゲットに合った釣り方、タックルが必要です。 スロージギングは底から中層を、ジグを跳ね上げた後のフォールを中心にミドルピッチで根魚や青物を狙います。 ロッドは、張りがあり、ジグを跳ねさせるのに適したロッド。 リールは、底取りが良く、操作性の良いベイトリールが適してします。 ジグは、フォールでヒラヒラ落ちるジグが多く、シルエットが小さめがお ...

【仕掛け・タックル】ジギング・ロングジグ厳選

ジギング・ロングジグ ロングジグは、底~中層のレンジを大きく探るのにアピール力が高く、青物に有効です。 ジグ選びは、ウエイト、カラー、シルエットで選択。 誘い方はワンピッチジャークとフォールが有効です。 ロングジグ選び ジグウエイト:ポイント(風、潮、水深)に合った重さのメタルジグを使用。 ジグカラー:ベイトに合わす。タチパターンは、シルバーがおすすめ。 シルエット:ロング、セミロング。 関連 【仕掛け・タックル】PEライン・リーダー組合せ表  【仕掛け・タックル】ジギング・スピニングタックルおすすめ 【 ...

【仕掛け・タックル】ジギング・スピニングリール厳選

ジギング・スピニングリール選び ジギングのスピニングリールは海域により異なり6000~10000番を使用します。ロッドに合った適正なリールを選択する事が重要です。ロッド選択について詳しく→【仕掛け・タックル】ジギング・スピニングロッド厳選 リール選びの簡単な流れ①ロッドを選択→②リールを選択→③ラインの選択 ロッドの選択:ターゲット、ジグウエイト、ロッドの長さ、PEラインの号数 リールの選択:ハンドル1回転の巻取り長さ・自重・ドラグ力・スプールの糸巻量 ラインの選択:リールのスプールに合った糸巻量、ドラグ ...

【仕掛け・タックル】ジギング・スピニングロッド厳選

ジギング・スピニングロッド選び 【ターゲット(魚種)】によりロッドを選択。 【ジグウエイト】海域により潮の速さ、水深が異なる為、海域に合ったジグウエイトが必要。(ジグウエイトに合ったロッドの選択。) 【ロッドの長さ】操作性、ジャーク幅によりロッドの長さを選択。 【適合PEライン】ジグウエイト、魚種のサイズによりPEラインの適合ロッドを選択。 ①ターゲット(魚種)によりロッド選択 スピニングタックルは、主に底~中層の青物(ヒラマサ・カンパチ・ブリ)をターゲットにします。地方、海域により釣れる魚種やサイズが異 ...

【仕掛け・タックル】ジギング・スピニングタックルおすすめ

ジギング・スピニングタックルについて ジギングのスピニングタックルは主に底から中層の魚種をターゲットにする為、スピニングタックルが適しています。 誘い方は基本的にワンピッチジャークで、イレギュラーな動きを入れない様にします。 スピニングタックルのメリット・デメリット メリット 広範囲をテンポ良く探れる 手返しが速い ドテラ流しに適している リール1回転の巻取り量が多い 魚が釣れた際にやりとりが楽 トラブルが少ない デメリット 底付近を狙うのに不向き 底の地形を感じずらい フォールのあたりがベイトタックルに ...

© 2022 minato Powered by AFFINGER5