食・酒

【食】ケンサキイカの捌き方、調理方法

  ケンサキイカ ケンサキイカは、5月から釣れはじめ、11月頃には身が厚くなり甘味が増します。 イカの料理方法は刺身、焼き、てんぷら、沖漬け、一夜干し、屋台イカ焼きがおすすめです。 【食】ケンサキイカ・沖漬け 【食】ケンサキイカ・一夜干し 【仕掛け・タックル】イカメタル・ケンサキイカ ケンサキイカ捌き方 胴を開く 薄骨がある方を力をいれずに切る。 深く切りすぎると墨袋を傷つけるので注意 薄骨を取る。 胴と内臓をはがす ゲソを持ち引っ張れば簡単に胴体から外れます。 洗う 水で洗いしっかりキッチンペ ...

【食】ケンサキイカ・一夜干し

  ケンサキイカ一夜干し ケンサキイカの一夜干しの作り方は、イカの下処理→塩水に漬ける→干す。 イカの辛さは塩水濃度とイカを付ける時間で調整します。 5%の塩水に30分漬け、イカの表面が乾くまで干します。 ※干し過ぎに注意。大量に作れば冷凍し保存する事も出来ます。 簡単な流れ イカの下処理。 5%の塩水に漬ける。 (水1L:塩50g) イカの表面が乾くまで干す。 ※干しすぎに注意 出来上がった一夜干しを焼いて食べる。 必要な物 新鮮なイカ 今回はケンサキイカ 水:1L 塩:50g イカを干す物  ...

【食】ケンサキイカ・沖漬け

ケンサキイカ 沖漬け 沖漬けは沖で釣った新鮮なイカを、活きたまま醤油ダレに2~3日漬けます。 釣ってすぐ醤油ダレに漬けるので鮮度が落ちず、2~3日たっても新鮮に食べる事が出来ます。 余った沖漬けは冷凍しても数カ月食べる事が出来ます。 醤油ダレ 醤油2:酒2:みりん2:砂糖1。 レシピ 醤油:2 酒:2 みりん:2 砂糖:1 昆布:一切れ 鷹の爪:1つ にんにく:好み しょうが:好み 作り方 簡単な流れ 沖漬けの醤油タレを作る 新鮮なイカを準備し、タレに漬ける 2~3日後に完成 沖漬けタレ作り方 昆布、鷹の ...

【お酒】梅酒の作り方・日本酒

梅酒について 梅は5、6月頃から収穫時期になりスーパーに並び初めます。 梅酒はお酒+氷砂糖で作ります。お酒はホワイトリカー、ブランデー、ウィスキー、焼酎、日本酒など。氷砂糖の量で甘さを調整します。 今回は日本酒で梅酒を作る方法を紹介します。 ココに注意 お酒は20度以上の物を使用しないと酒造法違反になります。 日本酒は20度以下の物が多いので要注意。 材料 メモ 青梅  1キロ ※傷んでないもの 氷砂糖 400~600g ※お好み 日本酒 1.8L 貯蔵瓶 4L ※よく乾燥し消毒する事 果実酒用日本酒 【 ...

【食】生だこ捌き方・おすすめ料理

生だこ 生だこは、ヌメリや臭み、吸盤に汚れがあるので捌く前にしっかり下処理をする事が重要です。 料理は生だこの刺身、たこのから揚げが絶品。 今回は下処理の方法、2種類のお刺身、おすすめ料理を紹介します。 タコの下処理 簡単な流れ 内臓を取出す 塩揉み・水洗い 茹でる ①内臓取出し・水洗い 頭をひっくり返し内蔵と目玉を取り除く。 内蔵と目を取除いた状態。 全体を水で洗す。 ②塩揉み・水洗い ポイント 生だこはヌメリ、吸盤に汚れがあるのでしっかり塩揉みをする事。 塩かけます。 全体と足1本1本ヌメリがなくなる ...

【食】イサキ捌き方・おすすめ調理

イサキについて イサキの旬は春~夏で、産卵時期に脂が良く乗ります。 食べ方は刺身、湯引き、炙り、塩焼きがおすすめ。 オスに入っている白子は塩焼き、茹でてポン酢、天ぷらで食べると絶品です。 イサキ捌き方 簡単な流れ うろこを取る 内臓を取出す 血合いを取る 頭、カマを切り落とす 三枚におろす 腹骨を削ぐ 中骨を削ぐ 皮を削ぐ ①うろこを取る 楽天市場ランキング うろこ取り うろこ取りで両面のうろこをとる。取り終わったら水でしっかり流します。 ②内臓を取り出す 楽天市場ランキング 出刃包丁 肛門あたりから喉の ...

【食】リスボンレモン苗木・地植え付け

  レモン苗木植え付け レモンは耐寒温度が-2~4℃と寒さに弱く、寒い地域では育たない事があります。 しかし、リスボンレモンや、マイヤーレモンのように寒さに強く育てやすい品種があります。 土壌環境は乾燥、過湿に弱く有機物を含む土を好み、肥料は有機肥料や化成肥料を与えます。 病害虫がつきやすいので防除する必要があります。 楽天市場ランキング レモン レモン栽培カレンダー 植え付け時期:3月~4月 肥料:3月/有機肥料 6月/11月/化成肥料 剪定:2月~3月 収穫:10月~4月 肥料について 肥料 ...

© 2022 minato Powered by AFFINGER5